胸を残して痩せるダイエット!バストアップできた整体と筋トレ

ボディメイク

● 胸を残して痩せるダイエット!バストアップできた整体と筋トレ

小泉智明です。

筋トレをすると、胸を残しながらダイエットできます。

残すところは残して、締めるところは締める。

食べないダイエットは体重が減りやすいけど、脂肪よりも筋肉がメインで落ちます。

筋肉はボディラインをつくるので、せっかく体重が減ってもメリハリのない体型になってしまう。

ダイエットに筋トレを取り入れると、胸は残してお腹を引き締めることができます。

バストラインが上がり、カップ数がBからCになった方もいます。

体脂肪は減らし、バストはそのまま残すこともできます。

バストが上がるだけでなく、姿勢もよくなります。

ただ痩せるだけでなく、見た目がよくなるような相乗効果があります。

女性らしいキレイなボディラインをつくれます。

あたりまえですが、バストには一切触れていません。

それでも、バストアップすることができるのです。

この記事では胸を残しながらダイエットできて、バストラインも上がる整体を紹介します。

「自己流ダイエットのときより、明らかにボディラインが違います」

トレーニングを開始して、2ヶ月で5kg痩せたお客様。

自己流ダイエットでも同じくらい痩せたのですが、今回は明らかに引き締まり方が違います。

太ももは3cm、ヒップは5cm、ウェストはくびれてきたし、バストもトップとアンダーが3cmずつ減ったのでカップは減ってないです。

あと、普段の食事もそんなにドカ食いしなくなりました。

ドーナツが好きなんですけど、半分でいいやって感じで。

それでも食べ過ぎちゃう日はありますけど、一時的に体重が増えてもすぐ戻るので、リバウンドの心配はありません。

彼女は、二ヶ月間で毎週2回トレーニングをしていただいています。

2、3日に1回のペースです。早く痩せたいならトレーニング頻度を増やすのもポイントかもしれませんね

アンダーバストが、2.5センチ細くなりました

パーソナルトレーニングをやると、健康的で女性らしいシルエットの身体をつくることができます。

「アンダーバストが2,5センチ細くなったんです。こんなとこも細くなるんですね。前までやってた食べないダイエットでは、絶対痩せなかったところです。」

食べないダイエットは、筋肉が落ちます。

筋肉が落ちると代謝が落ちて痩せにくくなります。

それ以外にも、ボディラインが下がってたるみやすくなるのです。

ただ胸に筋肉をつければいいのではありません。

個別プログラムにより、バストアップや女性ホルモンを分泌しやすくなります。

体重は減るけど、身体のラインが気になる方はいませんか?

トレーニングすると、身体のラインやシルエットがキレイになりますよ!

矯正下着でバストアップするのか?

結論から言うとバストアップはしません。

なぜなら、矯正下着そのものがストレスになり、身体がゆがむからです。

正確には、金具の部分が肝臓にストレスを与えるのです。

肝臓に対応するのは、大胸筋(胸の筋肉)です。

肝臓へのストレスから、大胸筋が抑制反応をしめすのです。

お客様のなかには、調整エクササイズでバストアップされた方がいます。

バストアップ効果のあるトレーニング

肋骨や背骨や肩甲骨を正しい位置にリセットしてから、大胸筋をトレーニングします。

身体には部位別に老化の反応しやすい部分があります。

アンチエイジングと言っても、単純にその部分をトレーニングするだけではないんです。

「あの人、老けてるな…」と思うのはどんなときでしょうか?

答えはいくつもあると思いますが、1つは姿勢です。

姿勢が悪いと、老けてる以外にも不健康そうなど、ネガティブなイメージをあたえてしまいがちです。

もう1つ、姿勢以上に年齢を感じさせるのが、筋肉や皮膚が重力に負けて垂れ下がることです。

バストやヒップなど、年齢的なものを含め運動する機会が減ると、筋肉は衰えてしまいます。

トレーニング前の調整で、バスト・ヒップ・ウェストラインを引き上げることができます。

「圧倒的に姿勢が良くなった」

「ヒップラインが上がり、太ももとの境目がはっきりしてきた」

「バストが上がって、左右差もなくなってきた」

と言った感想をいただいています。

食べないダイエットをする方は多いです。たしかに体重は落ちやすいのですが、落ちた体重の大半は筋肉なので、痩せたことでボディラインが崩れるこどかあります。

肌がカサカサになったり、疲れたような印象を与えてしまいます。

トレーニングを初めてから、お肌が潤ってきた方もいます。当然、お肌・首筋の垂れ下がりも解消しています。

トレーニングでダイエットだけでなく、アンチエイジングして若返りを目指します。

骨格のチェック

バストアップの第1歩は、土台づくりから。

土台になる胸郭がリセットするだけでも、バストが本来あるべき位置に戻ることもあります。

「自己流で痩せたダイエットとは違う!」

自分では気づかない部分に、アプローチすることができます。

バストアップに必要な整体

小胸筋を筋膜リリースするだけで、バストアップしたり、カップ数が上がる人、ふわふわになる人もいます。

Bカップだった方が、Cカップになった人がいました。

20キロ近くダイエットしたのに、バストは減るどころか、逆にアップしていたのです。

バストアップ目的ではなく、他の目的でストレッチしたにもかかわらず。

小胸筋のリリースは、テニスボールがあればカンタンにできるので、おすすめですよ。

バストアップに必要な筋トレ

バストをリフトアップさせるエクササイズです。

姿勢もよくなります。

胸の筋肉は縮こまりやすいので、鍛えるというより伸ばすような負荷が効果的です。

呼吸がスムーズになり、胸が開きやすくなります。

左右差があるバストラインを解消する整体

左右で形が違う、バストラインを整えることができます。

バストは、骨盤の影響も受けます。

大多数の人は、脚長差があって、骨盤がゆがんでいます。

バストの左右差を解消するための、骨盤トレーニングを紹介します。

バストの左右差を解消する骨盤矯正

ゆがみ解消パーソナルトレーニング

脚の長さがそろうと、バストの左右差も解消します。

カラダは、バスト以外にも、あちこち左右差があります。

まずは、カラダをリセットして、ニュートラルな状態をつくります。

バストの左右差を解消する骨盤トレーニング

左右差が解消したら、維持できるようにトレーニングをします。

まとめ

ダイエット中でも、胸を残しながら痩せることはできます。

そのためには、筋トレが大事。

体重が落ちると筋肉も落ちるので、維持する意味でも筋トレは必要です。

バストはそのままで、お腹が引き締まる。

メリハリがついて、女性らしい体型になります。

バストアップできた方法は、胸の筋肉を筋トレやストレッチしたり、整体で達成できました。

バストに、直接さわることはありません。

エステと違い自分でできるので、体型を維持しやすくなりますよ。

そんなメリハリのある、カラダづくりの方法がこちらです。