筋トレは毎日やると逆効果は嘘!部位ごとにやれば効果は出ます。

トレーニング

筋トレは、毎日やったら逆効果。

私と同世代の方で、これから筋トレを始めようとしてる人向けに書いていきます。

40代になると、健康や体力面で筋トレを始める人もいるのではないでしょうか?

結論を言うと、筋トレは毎日やらなくても効果は出せます。

私も週に2~3回しかやってません。

理由は「超回復」が関係しています。

疲労した筋肉が、より強く回復することを言います。

ドラゴンボールで瀕死になったサイヤ人が、回復すると前よりも強くなるのに似ています。

筋トレをするから筋肉が増えるのではなく、回復する過程で筋肉は増えるのです。

休むことも筋トレと同じくらい重要。

毎日できる程度の負荷だと、超回復が起こりづらい。

では、どんな種目をやるといいのか?

この記事では、筋トレ初心者向けに解説していきます。

筋トレを毎日やったら逆効果は嘘?

筋トレを毎日やっても効果が出る場合があります。

それは「分割法」と言う方法。

筋トレを部位ごとに分けて行うトレーニング法です。

脚・背中・胸・肩・腕のように、1つの部位を集中してトレーニングします。

今日に脚の筋トレをしても、次行うのは5日後。

毎日できて、超回復もできるので理にかなっています。

問題は、中級者以上の人向けと言うこと。

筋トレを毎日やっても効果が出る場合

筋トレ中・上級者であれば、分割法で毎日トレーニングできます。

初心者レベルだと、超回復に72時間以上かかります。

クライアント様でも、「筋肉痛がおさまるのに1週間かかった」と言う方がいます。

回復に時間がかかるのであれば、しっかりと休むこと。

48~72時間以内で回復するなら、毎日やっても大丈夫です。

筋トレ初心者は、毎日やらなくていい

筋トレ初心者は、回復に時間がかかります。

20代のころは一晩寝れば回復した疲労も、40過ぎると一晩では回復しないこともあります。

この「回復」させることが、筋トレではとても重要です。

疲労が残ったまま筋トレをしても、筋肉が増えないばかりかケガの原因になります。

超回復には2~3日かかるので、筋トレは週に2~3回で十分なのです。

どんな種目を選ぶべきか?

健康目的や体力をつけたいなら、絶対にやるべき種目が3つあります。

  • スクワット
  • デッドリフト
  • ベンチプレス

この3つは、筋トレビッグ3と呼ばれる全身運動です。

負荷を挙げやすく、3セットずつやっても15~20分程度で終わります。

スクワットをマシンでやるとしたら、12種目のマシンをやらないといけません。

単純に時間がかかります。

短時間で効率よく筋トレができるので、ビッグ3をすすめています。

筋トレは毎日やるのが目的ではない

筋トレをやる目的は何なのか?

「毎日筋トレをやること」は手段であって、目的ではないはず。

健康のためなのか、体力向上なのか、ダイエットなのか。

筋トレで効果を出すには、3~6か月はかかります。

本当に毎日続けられるのか?

私は継続できるペースで、続けるべきだと考えています。

まとめ

あなたが筋トレ初心者なら、毎日やらなくても効果は出ます。

休むこともトレーニングだと思ってください。

どうしても毎日にやりたいなら、週3回の筋トレが3ヶ月続いてから。

筋トレは、継続しないと効果が出ません。

早く結果を出したいのはわかりますが、回復しないことには筋肉は増えないのです。

サイヤ人が、すぐに強くならないのと同じ。

3ヶ月間、継続できるペースで行いましょう。