一緒にいると疲れる人のスピリチュアル的な特徴

あなたの周りに、一緒にいるとなぜか疲れる人はいませんか?

もしかしたら、「エナジーバンパイア」かもしれません。

ドラゴンボールに出てくる人造人間のようなイメージ。

ここまであからさまではないですが、人のエネルギーを奪う人は存在します。

ドラスティックセラピーでは「異常波動」とも言います。

エネルギーを奪う人は元気いっぱいですが、奪われた人は疲労感でいっぱいになる。

スピリチュアル系やカリスマ●●に多いです。

体軸で見れば一目瞭然ですが、ほとんどの人は見わけがつかないはず。

そこでこの記事では一緒にいると疲れる人の特徴と、対処法について書いていきます。

一緒にると疲れる人のスピリチュアルな特徴

一緒にいると疲れる理由は2つ。

  • マイナスなエネルギーをもらっている
  • 自分のエネルギーを奪われている

身体はセンサーのような役割をしてるので、違和感レベルでも感じ取れるのです。

エナジーバンパイア

頻繁に電話をかけてくる人は要注意です。

会話しながらエネルギーを取れるからです。

ネガティブな人

ネガティブな会話や表現をする人は要注意。

その人と波長が合うと、マイナスなエネルギーをもらってしまいます。

そもそも自分の波動が低い

波動が低いと、人の影響を受けやすくなります。

エネルギーは、強いほうから弱いほうへ流れます。

良好なエネルギーだけでなく、強いマイナスエネルギーを流れてきてしまうので要注意です。

実際に異常波動の人と接してみて

まだトレーニングメインで指導をしていたころ、なぜかセッション後に猛烈に疲労感を感じることがありました。

その日、そのお客様だけしか、指導していないにもかかわらずです。

もちろん私には、スピリチュアルな能力はありません。

しかし身体にかかわる仕事をしてると、身体はセンサーとして反応することに気づきました。

エネルギーやオーラを視覚化することはできませんが、身体の反応として捉えるようになったのです。

カリスマトレーナーと自分の違い

なぜ同じことをしてるのに、あの人はカリスマと呼ばれるのか?

独立して売れるまでに3年かかったので、暇さえあればそんなことを考えていました。

結論、カリスマトレーナーは、居心地がいいと感じるから。

ただ大多数は、マイナス波動である。

半分負け惜しみですが、体軸で見ると半分は事実です。

カリスマトレーナーをチェックすると、そのすべてがマイナス波動でした。

一緒にいると疲れる以上に、「一緒にいると居心地がいい」も考えものです。

美容系やスピリチュアル系に多い

職業批判をするわけではないですが、異常波動はこの2つの職種に多いように感じます。

共通してるのは、「施術中は、居心地がいい」→しばらくすると、どっと疲れる。

この繰り返しです。

体軸で見ると、エネルギーを取られればすぐわかりますし、取る側の人間も見抜けます。

身体はセンサーとしての役割があり、見えないものの影響を受けていることは間違いないです。

一緒にいて疲れる人への対処法

結論、自分の波動を上げることです。

人の影響を受けにくくなります。

スピ系などのあやしいものにも、違和感を感じるようになります。

体軸の乱れをチェックして、修正をして、改善をする。

調整とトレーニングを組み合わせ、肉体だけでなくエネルギー的にも強いカラダをつくります。