5ヶ月で10キロ痩せた方のダイエット方法とビフォーアフター

ダイエット

小泉智明です。

この記事では、5ヶ月で10キロ痩せた方が取り組んだ内容を書いていきます。

結論を言うと、「太る習慣」を「痩せる習慣」に変えました。

では具体的にみていきましょう。

5ヶ月で10キロ痩せたビフォーアフター

まずは、ビフォーアフター写真から。

写真の掲載許可はいただいています。

この写真のお客様が取り組んだ内容を紹介します。

ビフォーはパーソナルトレーニング開始前で、人生で最も体重が増えてしまった時期でした。

同じ服装、同じポーズで比較。

ビフォーアフターをわかりやすくみせるために、あえて加工や修正を加えることがあるそうです。

私の場合、多少わかりづらくても、リアルを伝えたいのでそのまま掲載しています。

5ヶ月で10キロ痩せるために取り組んだこと

「筋トレ」と「食事」です。

筋トレの目的は2つ。

  • 基礎代謝を上げる
  • 身体の引き締め

食事の目的も2つ。

  • 筋肉を増やす
  • 体脂肪を減らす

ダイエットは最低3ヶ月と、ある程度長丁場になります。

これくらいシンプルな方が、継続しやすいのです。

初回のカウンセリングで、今後のやるべきことを確認しました。

初回体験

カウンセリングで、股関節に痛みがあることを話していました。

痛みがある部位に負荷をかけられないので、まずは痛みを軽減するストレッチから。

即効で痛みは解消したので、筋トレをやるのに支障がないことを話しました。

以降、毎回トレーニング前に、ストレッチを行い痛みを確認しました。

2回目以降

調整→ストレッチ→筋トレ→サーキットの順で行いました。

痛みのある股関節は状態を確認して、大丈夫であれば通常のトレーニングを行いました。

5ヶ月で10キロ痩せるには習慣の改善が必要

ここから10キロ痩せたポイントになったお話をしていきます。

他の記事でも、

  • ダイエットは生活習慣の改善
  • 体型はライフスタイルを表している

運動することも、食事制限することも、習慣の改善の1つ。

習慣を変えるとリバウンドしにくくなり、少し体重が増えてもすぐに元に戻すことができます。

体重はずっと同じではなく、ある程度変動はします。

1日のうちでも変動はあるし、女性であれば月のリズムでも変化はします。

体重は一定ではない。

これがわかってると多少の変動では慌てなくて済むし、モチベーションや気持ちの持ちようも変わってきます。

では具体的に、取り組んだことに話を移していきます。

運動をする習慣づくり

当時まだコロナ渦で、リモートワークをしてる時期でした。

パソコン越しに打ち合わせをしたり、自宅で過ごす時間が多かったのです。

椅子に座り画面を見続けることが、運動にとって最も良くない習慣です。

  • 運動不足になる
  • 身体が過緊張する
  • 股関節に負担がかかる
  • 感覚器官の衰え

人生でも最も体重が増えてしまったのも、このような習慣が原因でした。

不可抗力な面もあるので、仕方ない部分はあります。

とにかく運動して活動量を増やすこと。

外出制限がある中でしたが、可能な限り取り組んでいただきました。

パーソナルトレーニングだけでなく、インスタやYouTubeでやってるオンラインレッスンなどもやっていたようです。

気に入ってるインフルエンサーがいて、パーソナルトレーニング以前から取り組んでいました。

オンラインレッスンのデメリットとして、画面越しだと奥行きがないのでインストラクターの動きをまねしづらい点があります。

とはいえコロナの時期だったので、「何もやらないよりはいいよね」と言うことで、身体をうごかしてもらいました。

暴飲暴食を抑える習慣づくり

実家暮らしだと家族の存在が、ダイエットの妨げになることがあります。

自分だけ食事を別にするわけにもいかないし、間食の誘惑もある。

そこで3つのことに取り組みました。

  • 自分だけ食事を別にする
  • 食事は1人で部屋で取る
  • 食べるものを見えない場所にしまう

お母様と同居されてて、ご飯をつくってくださってるそうです。

私も経験がありますが、1人暮らしを始めてから体重が7キロ減りました。

母親の料理を食べなくなったからです。

この方のお母様までは把握してませんでしたが、私の母は肥満体型です。

母だけでなく、母方の家系も肥満家系です。

父親のほうも細いと言う感じではありません。

と言うことは、私も太りやすい体質を遺伝しています。

同じ遺伝子があって、同じ食事をしてたら、同じように太ってしまいます。

食の好みも似てきますからね。

太りやすい体質は遺伝してても、後天的な努力でどうにでもなります。

お客様にも同じような話をしました。

お母様と同じお菓子が大好きで、つい間食してしまう。

だから必ず棚にしまって、目につかないようにする。

仕事が多忙な感じだったので、決断疲れをなくそうとも話しました。

食の誘惑と毎回戦ってると脳が疲弊してしまい、習慣を変えるのも妨げてしまう。

習慣や環境を変えたことが、10キロ痩せることにつながりました。

運動だけで痩せようとしない

これもお客様に話した内容です。

運動だけで痩せようとすると、100%失敗します。

運動はいいことですが習慣の1つに過ぎず、それだけを頑張っても効果は出にくいです。

「運動だけで痩せたい」

と言う方が稀にいて、このお客様も最初そんな感じでした。

極端な話をすると、毎日フルマラソンできれば、運動だけでやせるかもしれません。

やったことはないので断定はできませんが、可能性はあるでしょう。

現実問題、時間や体力的な面も考えても、毎日フルマラソンはムリです。

ちなみに伊勢崎駅から足利市の山川町の実家まで、走って帰ったことがありますが、途中で道に迷い11時間かかりました。

最後のほうは、もう走っていません。

タクシーを拾いたかったけど、夜中でつかまらなかったので、脚を引きづりながら歩いてようやく帰宅。

次の日は全身筋肉痛で、布団から出れませんでした。

体力が有り余ってた25歳の私でこんな感じ。

「運動だけで痩せようとすると、これだけ大変ですよ」

と話すと、ご理解を頂けました(笑)

まとめ

10キロ痩せたいなら、習慣を改善しましょう。

運動を取り入れ、食事の改善をする。

ガマンから改善、そして習慣へ。

ダイエットに効果的だし、リバウンドを防ぐことができます。

体重が少し増えてしまっても、すぐに元に戻せる。

高額なダイエットジムが増えていますが、結果を急ぐあまり無理を強いることもあるようです。

もちろん結果も大事です。

ただ長い目で見た場合、少しずつでも改善することが大事。

習慣にできれば、ダイエットにかかる負担も減りますから。

そんなダイエット方法を指導しています。