頭蓋骨はがしの危険性!強すぎる刺激はデメリットが多い

小泉智明です。

身体調整の最後に、頭蓋骨を調整しています。

後頭骨から仙骨を整え、脳脊髄液の循環を正常化して、体軸を取るためです。

頭蓋骨はデリケートなので、5グラム程度のソフトな圧でやるよう意識しています。

骨盤と頭蓋骨は、兄弟骨やロベットリアクターと言われる対の関係にあります。

このラインが整うことで、身体のゆがみが解消していると判断しています。

先日、頭蓋骨はがしと言うのを知り、どんなものかYouTubeでみてみると、かなり強い圧でグリグリやっていました。

施術されてる人がかなり痛がってるのですが、私はデメリットの方が多いように感じます。

少なくとも私だったら絶対にやりません。

頭蓋骨に強い刺激を与えると、骨盤も歪みます。

美容室でヘッドマッサージをする人がいますが、あれも絶対に逆効果です。

この記事では、頭蓋骨はがしのデメリットについて話していきます。

頭蓋骨はがしとは?

調べればわかることですが、ざっくりと説明します。

頭蓋骨は23個の骨がパズルのように組み合わさっていて、つなぎ目を縫合と言います。

たしかに縫合が詰まってる人が多く、頭痛や不眠の原因になることがあります。

私は縫合をじわ~っと時間をかけて緩めるのですが、頭蓋骨はがしは強い刺激ではがしていくのです。

頭蓋骨はがしの危険性とデメリット

頭蓋骨はちょっと強い圧が加わっただけでも、骨盤が歪み身体が不安定になります。

ちょっと押しただけでも、身体が傾いてしまう。

頭蓋骨に強い刺激が加わると、骨盤が開いてしまいます。

体軸がコマのような逆三角形になり、身体が不安定になります。

骨盤が安定してると、底辺が広い三角形。

△のほうが土台が安定した方が、調整の後にトレーニングをするのに効果的です。

頭蓋骨はがしの後にトレーニングするかわかりませんが、そのまま帰るにしても▽の状態では危険すぎます。

頭蓋骨の調整は、弱い刺激でこそ効果がある

縫合は詰まりすぎても緩みすぎても、逆効果になります。

パズルのつなぎ目のようなもので、良い感じにつながってるとカラダに良い効果があります。

どれくらいがいい感じかは人によりますが、先ほどのように安定性をチェックすればすぐにわかります。

足利市アンチエイジング

あなたにとっていい感じの刺激なら、身体が答えてくれます。

そもそも、ものすごく痛がってる時点でおかしいと思うべき。

バキバキ系の整体に通ずるものがあって、運動を禁止する系の施術は、筋肉が抑制弱化してることが多いです。

頭蓋骨はがしを効果的にやる方法

適切な負荷でやれば頭蓋骨はがしは、とても効果的なものです。

1つ例を挙げます。

こめかみ部分にある、蝶形骨を緩めています。

目の疲れを解消するストレッチ。

こめかみを緩めてます。奥歯を噛んだときに、ピクピク動くところに手を置きます。

ポイントは、ふわっと緩めること。

ガシガシやると逆効果になるので要注意。

5分くらい手を当てるだけで、目の周りが緩み視界がスッキリします。

やってみるとわかりますが、弱い圧でもしっかり効果はあります。

ポイントは、5グラムの圧でやること。

5グラムの圧がどれくらいかと言うと、皮膚と皮膚が触れ合う程度の圧です。

ほとんどの方がグリグリやってしまい、刺激が強すぎなのです。

時間をかけてゆっくり緩めるのがコツ。

どうしても短時間で緩めたくはなりますが、最低でも5分くらいかけてゆっくりはがすと効果的。

骨盤にも負担はかからないので、トレーニング前にやっても問題はありません。

まとめ

テレビなどメディアで紹介されると、盲目的にすごいもののように感じてしまいがち。

意外にそうでもないものもあります。

とはいえ、頭蓋骨に興味を持った方も多いのではないでしょうか。

せっかく興味を持ったなら、自分に合ったやり方で取り組みましょう。

不眠や頭痛の改善や、顔痩せなどにも効果がありますよ。