太ももとお尻の境目をクッキリさせるハムストリングスの筋トレ3選

ダイエット

小泉智明です。

お尻と太ももの境目、身体の中で1番脂肪がたまりやすい。

セルライトができる場所でもあります。

でも大丈夫。

筋肉がつけば引き締まり、メリハリもはっきりします。

ただお尻の筋トレだけだと、上側は引き締まるけど下側が引き締まりにくい。

この記事では、お尻の下の方を鍛える筋トレを紹介します。

太ももとお尻の境目をクッキリさせる筋トレ3選

ボディメイク ハムストリングス

よりクッキリしたヒップラインをつくることができます。

ハムストリングス(太ももの裏)に、ストレッチ感を感じるようにトレーニングすること。

引き締まりやすくなり、太ももとお尻の境目がよみがえりますよ。

では見ていきましょう。

踏み台昇降ステップアップ

ハムをしっかりストレッチさせてから、踏み台昇降します。

ポイントは、骨盤を前傾させること。

よくある間違いが、腰から曲がってしまうとハムストリングスが伸びません。

腰ではなく、股関節から曲げると、ハムストリングスのストレッチ感がわかりやすいです。

ルーマニアンデッドリフト

続いてルーマニアンデッドリフト。

ポイントは、足幅を狭くすること。

広いとお尻に効きますが、足1個分狭くするとハムストリングスに効きます。

最大の特徴は、ストレッチに高負荷をかけられること。

ヒップアップのデッドリフトと使い分けると、より効果的になります。

シングスレッグルーマニアンデッドリフト

最後に片足でのデッドリフト。

先ほどのデッドリフトを片足で行います。

負荷をかけにくい反面、臀筋&ハムストリングスに最も効かせられる筋トレとなります。

両足デッドリフトとは使う筋肉が異なるので、よりキレイなヒップラインをつくれますよ。

マシンよりフリーウエイトが効果的

ジムにレッグカールと言うマシンがあります。

お尻~太もも間のトレーニングには、向いてないと思っています。

理由が2つ。

1つめは、効かせる位置が、微妙にズレてるからです。

ハムストリングスの真ん中に効きます。

ハムストリングスの下(膝に近い部位)に効きます。

2つめは、マシンは膝の曲げ伸ばしがメイン。

動画で紹介した筋トレは、股関節がメインのトレーニングです。

お尻をトレーニングするなら、股関節をメインにした方が効きやすい。

このように種目選びをすると、ピンポイントで引き締めることができます。

特に女性はハムストリングスが弱い人が多いので、ボディメイクするならしっかりと筋トレしましょう。